2008年09月24日

〔鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ〕の発売に寄せて。

10/14(火)は〔鉄道の日〕だそうで、JR各社が〔鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ〕を発売するという記事を目にした。
もっとも、わしは〔鉄道の日〕っつー記念日があることはうっすらとは覚えていたけれど、それが何時なのかや由来は何なのかなどはちーとも知らない、ナンチャッテ汽車好きなのだけれども(笑)

この切符の条件を簡単にまとめると、

  • 有効期間内であれば、JR全線の普通・快速の普通車自由席に乗り放題(一部区間では特急も可)。
  • 普通・快速のグリーン車自由席や普通車指定席、〔ホームライナー〕には追加料金が必要。
  • 新幹線を含む特急・急行や普通・快速のグリーン車指定席に乗るには、その区間の乗車券も必要。
  • 1枚の切符で3日分(連続でなくても善い)または3人まで一緒に1日分の利用可。
  • 価格は9180円(子供は4590円)。
  • 発売は10/3(金)〜19(日)、有効期間は10/4(土)〜19(日)。

要は、〔青春18きっぷ〕の小型版みたいな物、かな。

これを使えば東京から偉大なる富山県は壮麗たる高岡市(笑)まで1万円弱で往復できる…ってんで、案を考えてみた。
この切符では北越急行(ほくほく線、六日町〜犀潟)やしなの鉄道(篠ノ井〜軽井沢)等の第3セクター鉄道には乗れないので、余分な出費を極力抑えるなら、考えられる経路はこんな感じ。

  1. 上野/新宿〜長岡〜高岡: 上越線経由。新幹線を使って長岡で乗り換える経路を鈍行でタラタラ行くようなもの。とは云え、東京-富山〜金沢は今や越後湯沢乗り換えが主流だけれど。水上〜越後湯沢間の本数の少なさが最大の難関。
  2. 東京〜米原〜高岡: 東海道線・北陸線。上越新幹線の開通前は主流の経路だった。
  3. 東京〜岐阜〜富山〜高岡: 高山線回り。景色は良さそうだし高山に寄れるかも知れないのは魅力だが、時間が掛かりそう。
  4. 新宿〜松本〜糸魚川〜高岡: 中央線・大糸線経由。大糸線は南小谷で必ず乗り換えなきゃならんので、接続が鬼門か。東京から北陸に行くのに新宿から出ることはまず無いので、風変わりな経路ではある。

第3セクターの追加運賃を厭わないなら、

  1. 上野/新宿〜越後湯沢−直江津〜高岡: 現在の主流。鈍行の場合、直江津での北越急行と北陸線の富山方面行との接続が、えらく悪いのが気になるところ。
  2. 上野/新宿〜高崎〜横川=軽井沢−長野〜直江津〜高岡: かつては東海道線(米原回り)に次ぐ座にあったが、上越新幹線の上野開業と共に廃れる。北陸新幹線(長野新幹線)の開業に伴い路線がぶった切られ、横川〜軽井沢の碓氷峠越えはバスに移管。

これらの2経路もアリ。

それぞれの経路について交通公…っとっとと、JTB版時刻表に依って旅程を考えてみるのだけれど、いくつか前提条件なんぞ。

  1. 出発は、新宿か品川の場合は5:45以降、上野の場合は6:00以降とする。これは自宅近くの駅から始発に乗ってそれぞれの駅に着く時間を考慮した結果。
  2. 出発日は平日とする。いろいろ都合があるのよん(笑)
  3. 高岡での墓参等が主目的なので、途中下車は避け極力早く辿り着くことを目指す。

 

まずは1.の上越線経由から。

上野6:27〜8:14高崎8:23〜9:27水上9:50〜11:45長岡12:11〜13:38直江津14:53〜16:41富山16:45〜17:02高岡
所要時間: 10時間35分、総乗車時間: 8時間18分

前述のように水上〜越後湯沢間は本数が少なく、水上発で云うと8:19、9:50、13:44、17:38、20:34の5本のし。
11:33発もあるっちゃああるが、これは運転日要注意の◆印。8:19発に乗るには上野を5:13に出なくちゃならず、うちの最寄り駅からは逆立ちしても間に合わない。タクシーで行く手もあるけれど、それじゃあ本末転倒だア(笑)

直江津での待ち時間が1時間強あり不出来だが、長岡12:11発が直江津に着く20分前に富山行が出てしまっているので、如何ともし難い。昼食の時間にでも充てるしか無いけれど、半端な時間帯だから店が開いてるかどーか。
どーせなら越後湯沢で途中下車して足湯にでも浸かるか、小千谷で蕎麦でも食えると善かったんだが。
ともあれ、遅くならない裡に宿に着き問題無く食事できるという意味では、悪くない案。

同じ経路で、

新宿10:13(特別快速)〜11:56高崎12:22〜13:24水上13:44〜15:35宮内15:44〜17:04直江津17:33〜19:26富山19:53〜20:11高岡
所要時間: 9時間58分、総乗車時間: 8時間7分

これが所要時間・総乗車時間とも(全線JRでは)最も短い最速旅程。
長岡でなく宮内で乗り換えるのは、水上からの電車の長岡着も直江津行の長岡発も15:40で、乗り換えられない危険があるため。
最速とは云え、谷浜や能生、親不知など眺めのいい場所を日が落ちてから走り抜けなければならんのは残念。宿に着くのが遅くなり、晩飯を食いっぱぐれる虞があるのも不安点。

他に、経路は同じだが夜行快速を使う旅程だと

新宿23:10(ムーンライトえちご)〜3:39長岡6:41〜8:07直江津8:12〜10:03富山10:19〜10:37高岡
所要時間: 11時間27分、総乗車時間: 8時間4分

と、所要時間はともかく総乗車時間は最短なのだが、

  1. 真夜中の長岡で3時間ほど過ごさにゃならん
  2. 切符は1日単位のため片道で2枚が必要(避けるには日付が変わって最初の停車駅となる高崎まで、別に切符を買う必要あり)
  3. 指定席料金が必要

と云った問題がある。
i.については〔ムーンライトえちご〕終点の新潟まで行って、新潟から長岡行の始発に乗れば解消できるっちゃあできるけどサ。

 

続いて、米原回りの場合。

品川5:55〜8:05沼津8:09〜10:18浜松10:38〜11:01豊橋11:07(快速)〜12:31大垣12:42〜13:18米原13:23(新快速)〜13:31長浜14:34〜14:59近江塩津15:03(新快速)〜15:16敦賀16:08〜17:00福井17:06〜18:31金沢18:33〜19:10高岡
所要時間: 13時間15分、総乗車時間: 10時間32分

距離が長いだけに、結構掛かるなあ。

沼津発8:09は三島始発なので三島で乗り換えれば善かろうと思ったら、品川発5:55が着く9分前に三島を出て、沼津で14分停車するそうな。たぶん、三島〜沼津の通勤通学輸送や車両のやり繰りとかの関係だろうなあ。
米原にあと1〜2分早く着くか北陸線の近江塩津行が1〜2分待っててくれれば、高岡には18:35に着けるのだけれど。往々にしてあることなのだ。
敦賀の1時間弱も、なんか勿体無いな。敦賀発福井行は14:48と30分ほど前に出ちまってるんで、どーにもならん。港町を見物するか、気比の松原を遠望でもするか。

長浜で待ち時間を長く取っているのは、米原や近江塩津で時間を持て余すよりは、長浜の方が時間を潰しやすかろうと考えたため。確か鉄道博物館(正確には〔長浜鉄道スクエア〕)もあったし。
長浜での待ち時間を減らした上に米原着を遅らせれば名古屋を13:00に出れば善く、豊橋11:07発の快速は名古屋に11:57に着くから、名古屋で1時間ほど昼食等に時間を割ける。この方が現実的かな? 昼時なんで店は混んでいそうだけれど。

高岡に19:10に着くと云うことは、宿に着くのは20時前か。晩飯食わせてもらえるかなあ?

最初に調べた時は時刻表をちと読み違えて、米原〜敦賀間でえらい時間を無駄にする気がしたので、それならいっそと京都を回って湖西線の新快速に初乗車(特急は何度も経験アリ)する琵琶湖三分の二周回経路を考えたんだけれど。
所要時間で1時間、乗車時間で2時間長くなるから、乗り換え回数が減るのと京都で30分くらい過ごせる以外は利点が無かった。

 

お次は高山回り。

品川5:55〜8:05沼津8:09〜10:18浜松10:38〜11:01豊橋11:07(快速)〜12:20岐阜13:13〜16:35高山17:50〜18:57猪谷19:29〜20:28富山20:52〜21:10高岡
所要時間: 15時間15分、総乗車時間: 11時間51分

岐阜〜美濃太田は太多線直通があるため本数は多いんだが、美濃太田〜高山はがくっと減り、高山(つーか飛騨古川)〜猪谷はさらに閑散。猪谷以北はやや増えて、越中八尾(〔おわら風の盆〕で有名)〜富山は都市内交通の実験のため結構な本数あり。
なので、岐阜で1時間弱、高山で1時間強過ごさにゃならんのは、しょーがないのさッ。とっぷりと日が暮れた山間の猪谷で30分強過ごすってのもなんか気が進まないけれど、仕方無いわなあ。

高岡到着は21時過ぎなので、宿に着くのは22時前か。まあメシは出して貰えんだろーな。寿司屋か小料理屋でも探すか、ファミレスかコンビニ弁当か。…高岡まで行ってファミレスとかコンビニ弁当なんて、イーヤーーーーー!!!(笑)

 

続いて控えしは大糸線経由。意外な接続の良さにビックラこいた。

新宿6:03〜6:42立川6:46〜8:38甲府8:53〜10:58松本11:08〜13:01南小谷14:27〜15:24糸魚川15:29〜16:41富山16:45〜17:02高岡
所要時間: 10時間59分、総乗車時間: 8時間55分

大糸線の松本〜南小谷間の駅数の多さ(=所要時間の長さ)や南小谷での接続の悪さがあっても、冒頭に挙げた上越線回りの旅程と所要時間は大差無く、高岡着も17時過ぎと手頃。
欲を言えば南小谷でなく松本で1時間ほど過ごせれば、昼食を取りやすいのだけれど。

ついでに、信濃大町から立山黒部アルペンルートを脇目も振らず疾走すれば、高岡には19時前後に到着可能。
料金が1万円くらい余計に掛かるけど。せっかくの眺望を堪能する余裕も無いけど。この時間帯の富山地鉄の立山から電鉄富山までは鈍行しか無く1時間くらい掛かるけど。ただこのまま冷たい頬を暖めたいけど(なんか違う…)。

他にJRのみの旅程では、新宿〜塩尻〜名古屋〜米原〜高岡とか新宿〜塩尻〜多治見〜美濃太田〜高山〜富山〜高岡とかもあるが、所要時間は前者が15時間半強で後者が17時間弱、高岡着が前者は21時半過ぎで後者が23時前と、労多くして功少なしと云ったところ。

 

第3セクター利用では、やっぱし北越急行経由が最速。

上野6:27〜8:14高崎8:23〜9:27水上9:50〜10:26越後湯沢10:39(快速)−12:02直江津13:18〜15:12富山15:57〜16:40高岡
所要時間: 10時間3分、総乗車時間: 7時間17分

直江津での接続の悪さを乗り越えて全経路での最短所要時間・総乗車時間で高岡に最も早く着けるのは、北越急行の快足ぶりの賜物か。ただし、六日町〜犀潟の運賃950円が別途必要。
この旅程では直江津で1時間ほど持て余すことになり、昼食時間だからいいっちゃあいいんだが。
直江津13:18発に乗るなら越後湯沢11:41発(直江津13:02着)でも善く、温泉地の越後湯沢でほんの少しだが寄り道できる。昼食にはちと早いから、越後湯沢か直江津で駅弁でも買い込むか立ち食い蕎麦でも食うかせんといかんけれど。

同じく第3セクターのしなの鉄道経由も、乗換が多い割に所要時間は意外と短い。

新宿6:59〜8:53高崎9:13〜9:46横川10:00=10:34軽井沢11:06−11:29小諸11:33−12:34長野12:44(妙高5号)〜14:16直江津14:53〜16:41富山16:45〜17:02高岡
所要時間: 10時間3分、総乗車時間: 8時間2分

横川=軽井沢はバスで運賃500円、軽井沢−篠ノ井(長野の少し手前)はしなの鉄道で運賃1400円と、計1900円が余分に必要。
とはいえ、往時の碓氷峠越えを偲ぶくらいはできそうだし、わずか30分ほどとは云え軽井沢に立ち寄ることもできる。昼食時間を取れないんだが、長野か直江津あたりの駅弁か立ち食い蕎麦になりそうな。横川と軽井沢では〔峠の釜めし〕を売っているはずだけれど、ちと時間が早いわな。

長野〜直江津の〔妙高5号〕はかつての急行と同じ名前だが、指定席はあるけれど各駅停車。北陸新幹線(長野新幹線)の開通で廃止した在来線特急〔あさま〕の車両を転用した列車らしく、乗り心地は少なくともフツーの各停よりゃあいいだろー。

 

さて、無事に高岡に着いて所用を済ませたとなると、当然帰京せねばならん。…えー、また10時間以上掛けて鈍行でタラタラ帰るんスかあ?
まあ、帰りは友人の居る名古屋で1泊してってもいいけれど。
結局、新幹線かなんかでちゃちゃっと帰りたくなるんでないかな。
新幹線を使う場合、通常料金・運賃は越後湯沢乗り換えの上越新幹線利用で1万2千円ほど。…〔乗り放題きっぷ〕1枚分と、あんまし変わらんなあ。
…と調べてみると、〔北陸フリーきっぷ〕ってえ割引切符があり、グリーン車用と普通車用があって普通車用は2万1400円。これで新幹線と在来線特急の普通車指定席や寝台特急〔北陸〕のB個室寝台にも乗れるんだとか。
昔似たよーな切符があったのは覚えちゃあいたけれど、時刻表巻末の案内に載ってなかったから、廃止になったのかと思っていたのだ。

新幹線を使えば、東京〜高岡は3時間半ほど。較べ物になりませぬなあ(苦笑)
上越新幹線限定だから名古屋には寄れないし、(乗換駅の越後湯沢や長岡でも?)途中下車は出来ないらしいけれど。
ついでに飛行機を使っても、羽田〜富山の空港間はともかく街中同士だと3時間程度で変わらず。あっちはちっとばかし割高だが、美人の全日空客室乗務員が漏れなく付いておりまする(笑)

 

各駅停車の旅で、ふと思い出したことが。
子供の頃に、当時親戚が居た小田原から友達が居た名古屋に寄って高岡に帰ろうとしたんだけれど。あまりに時間が掛かって(つーか停車駅が多くて)辟易し、確か浜松だか豊橋だかで断念して新幹線使ったなあと。
今は大都市圏で無くてもロングシート(窓に平行なズラ長い座席)の車両が多いらしいし、殆どの列車は煙草を吸えんだろーから、保たんかもなあ。

それと、縦しんば往復は〔乗り放題きっぷ〕で済ませたとしても、宿代や食事代、霊園までの往復のタクシー代(バスなどでは行けぬのだ)などなどを考えると、最低でも3万円は掛かりそうな。往復新幹線なら5万円か。
来月はちっとばかし懐は温かくなりそうとは云え、いろいろ使い道が決まってるから、結局は夢物語か。せめてもの埋め合わせで、鎌倉の婆ーちゃんの墓参りに久々に行くとでもしようか。

…と、夏前にも云うてた気がする(汗)

ラベル:割引切符 富山
posted by 山善 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。